九州パニガーレMTG開催

2022年10月15日(土)九州パニガーレMTGが阿蘇・瀬の本レストハウスで開催されました。主催者のお声がけで、スタッフとして参加させて頂きました。パニガーレMTGは毎年静岡で開催されているのですが、九州では初開催。そして今年はパニガーレ生誕10周年の年。果たして何台のバイクが来てくれるのか?ワクワクしながら準備して、開催の日を迎えました。今回は、運営側の視点で九州パニガーレMTGのことを書いていきたいと思います。

パニガーレの歴史

パニガーレMTGの前に、パニガーレの歴史について簡単に紹介したいと思います。ドゥカティは1988年の851以来、数々のスーパーバイクを手がけてきました。そんな中、ドゥカティ本社の所在地の地名「パニガーレ」をモデル名とした1199パニガーレが華々しく2012年にデビュー。新たに採用されたモノコックフレームとローダウン方式マフラーが特徴の1199から、パニガーレの歴史がスタートしました。

以降、現在まで発売されたパニガーレの主なモデルは以下の通りです。

・1199パニガーレ/1199パニガーレS/1199パニガーレR

・899パニガーレ

・1299パニガーレ/1299パニガーレS/1299パニガーレR

・959パニガーレ

・パニガーレV4/パニガーレV4S/パニガーレV4R

・パニガーレV2

1299パニガーレ・959パニガーレはまでは、ドゥカティ伝統のLツインエンジン搭載でしたが、2018年ついにV型4気筒のパニガーレV4を発売し、現在に至ります。また2020年にミドルクラスの959パニガーレの後継モデルとしてパニガーレV2もスタート。そして今年2022年はパニガーレ誕生から10周年になります。

MTG開催前の準備

さて話をミーティングに戻します。主催者から、九州パニガーレMTG(以下九州パニミ)を今年やりますという話を聞いたのは、今から半年前。思えば昨年、管理人は静岡で行われたパニガーレ&Motorcycleart MTGに参加し、沢山のドゥカティ・MVアグスタのバイクを生でたくさん見ることができました。またオーナーさんから色々話を聞けて、大変貴重な経験をすることができました。九州パニミでは運営サイドとして、来場する皆様に喜んでもらいたいと思い、スタッフを申し出ることにしました。

準備と言っても、管理人はMTGに関する意見を出したり、直前の準備をしたくらいでした。主催者が会場の手配・出展ブース業社集め&打ち合わせをしてくれました。デザインのお仕事を生業としているスタッフのSさんが、スタッフTシャツやステッカーをデザインして注文してくれました。

本格的なデザインのSTAFF・T-shirt

かなり本格的なデザインのTシャツのおかげで、スタッフ達のテンションも上がります。そしてイベントフライヤーも何パターンか作ってくれました。このフライヤーを使ってSNSで拡散したり、知人・友人に案内することがSTAFFの1つの仕事になりました。1人でも多くの人が見てくれて、MTGに行ってみようかなと思ってくれれば本望でした。

タイムスケジュールも決まりました

そして管理人の愛車・ドゥカティ848Evoがレギュレーター不良の為、今回のMTGはトランポで会場入りすることにしました。それに伴い、イベントに必要な物資を運ぶ係になり、前日までに色々用意しました。

愛車の848と共にハイエースで会場へ

いよいよミーティング当日

熊本市内から瀬の本レストハウスまで、車で約1時間半。バイクや物資を積み込んだハイエースを走らせ、ミーティング会場に向かいます。お天気は絵に描いたような快晴。阿蘇の雄大な山々が九州パニガーレMTGに来てくれるライダーをお出迎えしてくれます。車で走っているのが残念になるくらいの青空の下、ミルクロード&やまなみハイウェイを経て、9時前に会場入りしました。

秋晴れの阿蘇くじゅう国立公園

9時前に主催者・STAFF・出展者の方々が会場入りしていました。急いで車を停め、バイクと物資を下ろして準備します。ミーティングは10時開始なのですが、オープニング前から心地よいエンジ音と共に、ドゥカティのバイクが続々と会場入りしてきます。もしかしたら10台くらいしか集まらないかも?という不安をよそに、10時開始前におよそ30台(内パニガーレ11台)集まってくれました。

9時過ぎのパニガーレ

九州パニガーレMITG開幕しました

そして時刻は10時、主催者からの挨拶・出展社であるオメガオイル様、AD.vance様の紹介を経て、九州パニガーレMTGがスタートしました。パニガーレは上記で説明した1199からV4まで沢山の車両が来てくれました。そしてパニガーレだけでなく、様々なドゥカティのバイクが集まってくれました。年代順に紹介すると、350cc単気筒のドゥカティ(モデル名不明)、888、749、999、1098のスーパーバイクに、スポーツクラシックのGT1000とポールスマート。そして三重県からわざわざお越しいただいた激レア車のデスモセディッチRR。

単気筒のドゥカティはかなりレアです
スポーツクラシックシリーズが4台
そしてデスモセディッチRR

ネイキッド勢は、モンスター、ストリートファイター、スクランブラーにムルティストラーダ。そしてラレベレッツアさん(熊本のドゥカティ・ショップ)の2015年鈴鹿8耐マシンを展示はAD.vance様にして頂きました。

鈴鹿8時間耐久レースの実車です

好きなバイクに跨って会場に来る、そして好きなバイクを見て、バイク好きな人同士が話をする、これがミーティングです。それ以外特に何もないのですが、今回ドゥカティ好きが集まって話をしていると時間を忘れしまいます。集まってくれたバイクの台数はドゥカティ・ビモータで約70台、内パニガーレが35台くらいでした。今回は遠くは茨城県、三重県、岡山県からもお越しいただいて、九州初開催にしては予想を上回るパニガーレ、そしてドゥカティが集まってくれたと思います。そして12時になりましたので、来場者全員で記念撮影をしました。

来場者全員で記念撮影
パニガーレ&オーナーの記念撮影

尚、ミーティングの詳しい様子はムービーを作り、Youtubeにアップしましたので、そちらをご覧ください🔽

最後に

今回、九州パニガーレMTGを開催し、沢山の方々に来て頂き有難うございました。初めての開催ということもあり、至らない点も多かったと思いますが、楽しんで頂けたのなら幸いです。一番感じた課題は、他メーカーのバイクが入りずらいこと、展示ブースの位置が悪かったことです。来年の開催に向けて、課題を話し合いそして改善し、より良いパニガーレミーティングにしていけたらと思っています。そして私自身は、11月6日に静岡で開催される、本家のパニガーレMTG(今年がラストらしい)に訪問する予定です。沢山のドゥカティを見に、そして刺激をもらいに行ってきますので、またここでもレポートさせて頂きます。

3件のコメント

  1. ピンバック:パニガーレMTGラストに行ってきました – Imported motorcycle Lovers

  2. ピンバック:ドゥカティの歴代パニガーレについて - Imported motorcycle Lovers

  3. ピンバック:第2回九州パニガーレMTG 開催 - Imported motorcycle Lovers

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です